クローン病  お酒 注意点

クローン病の方がお酒飲む時の注意点

スポンサーリンク

クローン病は完治しないと言われている難病です。
理由として挙げられるのが、再燃する事の多い疾患である事と、病気の原因が解明されておらず根治療法が開発されていない事になります。
その為、再発をしないための注意点としてお酒などを控えるという事があります。

 

 

【お酒を飲む時の注意点】
基本的にクローン病の患者さんはアルコールはなるべく控えた方がよいと言われております。
アルコールの中でもカクテルやビール、日本酒やワインなどのアルコールは基本的にはNGと言われております。
特にビールは発砲酒という事もあり再発しないための注意点でNG対象になっております。
しかしながら、担当しているドクターの中には、アルコールは体調の良い時は適量飲んでも差し支えないという方もいます。

 

 

【クローン病の患者さんがお酒がNGな理由】
お酒は個人によって酔いやすい酔いにくいといった事もあり、どれくらい飲んだら危険という注意点はありません。
その為、一杯くらいなら大丈夫な患者さんもいますし、一口でもダメな患者さんもいます。
アルコールは腸管の粘膜に障害性を示し病状が悪化する可能性がありますので、基本的には飲まない方がよいと言えます。

 

スポンサーリンク

 

【クローン病の患者さんがお酒を飲まなければいけない時の注意点】
社会人の方は、どうしてもお酒を飲まなければいけない時もあります。
そういった時の注意点は、おつまみに気を使う事です。
居酒屋のおつまみはとにかくクローン病に悪影響を与える物が多くなっておりますので、厳選しておつまみを選ぶ必要があります。

 

また、アルコール類を飲んでいるとどんどんとすすんでしまい飲む量が増えてしまいがちですので、クローン病の患者さんは、しっかりと自分で節制して楽しむ必要があります。
また、同じく飲み会などではタバコを吸っている方も多いのですが、これも症状を悪化させますので喫煙者から離れるというのも重要な注意点になります。

 

クローン病の患者さんは、気にする事が多くて楽しめないと思われるかも知れませんが、しっかりと自制すれば楽しめるようになります。
注意点を守らずに症状が悪化して手術などになったら元も子もありません。
しっかりと注意点を守ってお酒を楽しむようにしてください。

スポンサーリンク