クローン病  おなら 臭い 原因

クローン病患者さんのおならが臭い原因

スポンサーリンク

クローン病は、若年層に多い難病で、口腔から肛門までの全消化管に非連続性の慢性肉芽腫性炎症を生じるという非常に厄介な病気の上に、未だに原因不明という炎症性疾患です。
その為、厚生労働省より特定疾患に指定されております。
また、色々な症状が現れますので患者さんは本当に大変です。
その中でもクローン病患者共通の悩みとして挙げられるおならが臭いというのは深刻な問題となっているようです。

 

 

【おならが臭い原因】
クローン病患者共通の悩みとして挙げられるのがおならが沢山出てしまったり、腸内ガスが溜まっておなかがはったりすることです。
おならの原因となる腸内ガスが発生する原因は、食事の時などに食事と一緒に飲みこんだ空気や腸内にいる悪玉菌が生み出す悪臭性のガスです。

 

特に大腸菌やウエルシュ菌などの悪玉菌が増えてしまうと、腸内はアルカリ性に傾いてしまい、糖を分解して炭酸ガスが発生してしまうほか、タンパク質を分解して臭いアンモニア、アミン、硫化水素、インドール、スカトール等の有害ガスが発生してしまいます。

 

スポンサーリンク

 

【クローン病患者さんのおならが臭い原因】
クローン病患者さんのおならが臭い原因は、一般的な要因とは違っている部分もあります。
クローン病の患者さんの腸内にガスが溜まってしまい、おならが沢山でてしまうのは、十分な食物繊維を含むバランスの取れた食事を採れていないという事だけでなく、クローン病の症状の為に炎症があるためにしっかりと消化できなかったり、腸の一部を切除しているために、健康な人と同じ様に消化機能を使いこなせないといった事が原因の場合もあります。
クローン病が偏印で腸の動きが悪い場合には、食物の腸内滞留時間が増えてしまいますので、結果的に消化しきれないものが腐敗しやすくなりおならが臭い原因になります。

 

しかしながらクローン病患者さんがおならが臭い原因が沢山あるとはいえ、しっかりと腸内環境を整える努力は無駄にはなりません。
オリゴ糖、ヨーグルト、サプリメントなどの形での食物繊維を採るなどの努力は結果が出やすくなっておりますので、意識的に摂取するようにしてください。

スポンサーリンク