クローン病  インフルエンザ感染 影響

クローン病の治療が影響してインフルエンザ感染する

スポンサーリンク

クローン病は、2017年の9月現在において、原因も根本的な治療方法も確立していない難病として厚生労働省の特定疾患に指定されている恐ろしい病気ですクローン病には色々な治療法がありますが、それらが影響してインフルエンザ感染するケースもありますので注意が必要になります。

 

 

【クローン病の治療薬と治療法】
クローン病の治療は、炎症が活動期か寛解期かによって治療薬を使い分けます。
薬の使用方法は経口、注腸、坐薬、点滴の四種類がありますが、一般的な症状の場合には、メサラジンやサラゾスルファピリジンを経口投与して様子をみて、必要であれば局所に使う薬としてペンタサ注腸やステロイドの注腸などを併用します。
このステロイド系のお薬が悪影響を与える可能性があるのです。

 

スポンサーリンク

 

【クローン病患者がインフルエンザ感染する可能性】
クローン病の治療で使用されているステロイドや免疫抑制剤の薬は免疫力を低下させる影響力があります。
その影響によって、インフルエンザ感染する可能性する可能性が一般の方よりも高くなっております。

 

また、インフルエンザ感染だけでなく、他の感染病に感染する可能性も高くなっておりますので、感染症に対する影響力は相当なものです。
インフルエンザ感染しないように予防がとても重要になりますが、免疫力が落ちている影響からか、一般の方よりも積極的な行動が求められています。

 

風邪などと同じくうがいや手洗いはもちろんのこと、インフルエンザ感染する確率を下げるために予防接種なども効果的です。
インフルエンザ感染すると症状がかなり悪化してしまいますので、インフルエンザ感染には十分に注意してください。

 

クローン病の方にとってインフルエンザ感染する可能性は無視する事ができません。
その為、インフルエンザ予防接種を積極的に受ける必要があります。

 

色々なホームページをチェックすると、普通の人と同様にインフルエンザワクチンを接種する事ができるようになっており、免疫を抑制するステロイド、アザチオプリン、インフリキシマブなどの治療薬を使用していても問題ないという記載がありますが、その記載に影響されて100パーセント鵜呑みにするのは危険です。
インフルエンザだけでなくワクチン接種に関しては、必ず事前に担当医師と相談するようにしてください。

スポンサーリンク