クローン病  イレウス 治療

クローン病でイレウスになった時の治療方法

スポンサーリンク

クローン病は、口から肛門まで、全消化管に炎症性の潰瘍などの病変ができる病気です。
非常に痛みを伴う病気ですのでとても大変な病気になります。
根治療法は確立されておりませんので、症状に合わせた対処療法が主な治療法となっておりますので、慢性に寛解と再燃を繰り返していき、その時に現れた症状に対して効果的な治療方法を選択しながら付き合っていく病気となっております。

 

 

【クローン病でイレウスに】
クローン病には色々な症状がありますが、中でも症状が重いのがイレウスという症状です。
このイレウスがどのような症状なのかというと腸管内容の肛門側への移動が障害される症状の病気で、腸閉塞と同じ症状になります。

 

人間は腸管内容物の肛門方向への輸送を食事後に行っている状況なのですが、クローン病の影響でストップしてしまっているような状況になっております。
このイレウスになった状態になると、非常に強い痛みが生じます。
大便をしたいのですが出ない状態になっており、代わりに口から食べた物を戻してしまうような状況になります。

 

スポンサーリンク

 

【クローン病でイレウスになった時の治療方法】
クローン病でイレウスになった時の治療方法は手術が一般的です。
クローン病でイレウスになる方というのは、とても腸が詰まりやすい位置に潰瘍ができやすく、何度治療しても症状が現れるために手術されているケースがあります。
その為、胃や腸に負担をかけないようにエレンタールをメインにして栄養摂取を行う治療方法にチャレンジされている方も多くいます。

 

やはり胃や腸に負担のかかるラーメンやチャーハン、焼き肉などの栄養素を取ってしまうと、再発する傾向が強くなってきます。
一度、クローン病が原因のイレウスになった方は、あの苦しみを知っていますので、食事の楽しみを奪われたとしてもエレンタールを選ぶのに迷いはありません。

 

クローン病は症状に個人差がありますので、イレウスにならないという方がいたり、それこそ歩けないほど辛くなってしまう方もいます。
根本的な解決方法が確立されておりませんので、色々な症状や方法を知っておくのがとても重要になります。

スポンサーリンク