クローン病 貧血 対処法

クローン病が原因の貧血の対処法

スポンサーリンク

クローン病は、消化器官に潰瘍や炎症が起こる難病です。
その為、腸内で出血するケースが多く腹痛だけでなく貧血の症状が現れるケースもあります。
そこでこちらのページでは、原因となりやすい方の対処法などについてご紹介します。

 

 

【クローン病の貧血の種類】
クローン病は、鉄欠乏性貧血と巨赤芽球性貧血の二種類が起こりやすくなっております。
鉄欠乏性貧血は、生体内の鉄が長期に不足し、赤血球中のヘモグロビン(Hb)の合成障害が生じた症状です。
巨赤芽球性貧血は、ビタミンB12や葉酸が足りなくなってしまった事によって、骨髄造血細胞のDNA合成に障害が出てしまい、赤芽球の熟成されなくなってしまう症状です。

 

 

【クローン病の貧血の原因】
クローン病で貧血の症状がでる原因は大きく分けて三種類あります。
1つ目は摂取量の不足です。
胃や腸を休ませるために思うように食事をとる事ができないクローン病は、厳しい食事制限を課せられたり、食思不振や胃腸障害などが起こしやすい事が原因となります。

 

2つ目は吸収不良です。
胃や腸に潰瘍ができたり炎症しているせいで胃酸欠乏や慢性下痢などが起こり、しっかりと栄養を吸収する事が出来ない事も原因となります。

 

3つ目が排泄増加です。
潰瘍によって消化管出血したり、痔などになる事によって血がドバドバと排出してしまう事が原因となっております。
この三種類が主な原因となっております。

 

スポンサーリンク

 

【効果的な対処法】
最も効果的な対処法は、根本を治療する事なのですが、クローン病は根本を治療する対処法がありません。
その為、症状が出ないように日頃から気を付けて行動する必要があります。

 

貧血の対処法としましては、食事療法がおすすめです。
鉄含有量の多い食品を摂取したり、ビタミンB12と葉酸の摂取を心がけたり、ビタミンCや良質のタンパク質を摂り、バランスのとれた食事を心がけるといった事は、最も効果的な対処法となります。
もちろん、腸内環境を整えるために絶食という対処法をとるケースもありますが、常日頃から栄養バランスの整った食事をとるのは、かなり重要な対処法だと言えます。

 

クローン病は症状に合わせて対処法を代える必要がありますが、どうしても後出しでの対処が多くなっております。
その点、食事療法は日頃から行う事で予防にも繋がりますので、ぜひチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク