クローン病 腹痛 対処法

クローン病が原因で腹痛になった時の対処法

スポンサーリンク

原因不明の腹痛や下痢、吐き気などを催すクローン病は、国から指定された難病です。
特に腹痛は症状によって痛み方が異なり、症状が重い方の場合には、あまりに痛くて立ちあがる事が出来ない状態になってしまいます。
そこでこちらのページでは、クローン病が原因で腹痛になった時の対処法などについてご紹介します。

 

 

【一般的なクローン病が原因の腹痛時の対処法】
クローン病が原因の腹痛で酷い場合には救急車を呼ぶ事になります。
病院についたら、とにかく胃や腸を休ませなければいけませんので、その時から絶食が始まります。
もちろん点滴なども行いますので飢えるという事はありません。
安静にしていても腹痛が終らないような場合には、痛み止めを投与し腸の通りを待ちます。

 

それでも腹痛が収まらない時には鼻の穴からイレウス管を突っ込んで胃の中の物を吸い取ります。
更に奥の小腸にある固形物も吸い取り減圧する事で痛みは高確率で治まります。
それでも腹痛が収まらないような場合には手術の対処法しか選択できなくなってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

【内科的治療による対処法】
内科的治療による対処法としては、痛みを抑える効果のある5-アミノサリチル酸製薬や副腎皮質ステロイド、免疫調節薬などを痛みの質によって使い分けます。
この使い分けは担当医の経験と知識が必要になります。

 

【抗サイトカイン療法】
クローン病に対する対処法の中で特に効果的な物が抗TNF-a受容体拮抗薬です。
一般的にはレミケードやヒュミラを使用するのですが、クローン病によって腸内の免疫が誤作動を防ぐ効果がありますのでメジャーな対処法になります。

 

基本的にクローン病が原因でお腹が痛くなった時には、安静にして動かない事が自分でできる対処法になります。
腹痛を止めたいからと言って、ロキソニンなどの痛み止めを飲んでしまうと腸内の潰瘍であったり、炎症を悪化させてしまう恐れがあります。
その為、まずは横になって痛みの波が過ぎるのを待ち、痛みがひかないようでしたら病院へ行くようにしてください。

スポンサーリンク