クローン病 腹痛 吐き気 対処法

クローン病が原因で腹痛や吐き気をした時の対処法

スポンサーリンク

クローン病は大腸だけではなく、消化管全体が炎症を起こす病気で、難病に指定されております。
クローン病の原因は2017年の9月現在においてまだ解明されていない部分が大きいのですが、最新の研究結果では、細菌やウイルス、遺伝、免疫システムが悪さをしていると考えられております。
これまでクローン病は、欧米人に多くみられた病気だったのですが、近年では日本でも患者数が増えて来ており、すでに4万人以上がこの病に苦しんでいます。

 

 

【クローン病の主な症状】
この病気は、自分の免疫細胞から消化管が攻撃される病気です。
免疫細胞から攻撃を受けた腸の壁は炎症してしまい、傷付きただれてしまいます。
焼きただれた腸は、食べ物の栄養を正常に消化する事ができません。

 

クローン病の初期症状として現れてくるのがだるさや倦怠感、下痢、体重の減少などの症状が現れます。
その後、腸の外側まで炎症が進んでくると激しい腹痛に襲われ、腸壁に穴が開いたり、狭窄を起こしたり、嘔吐したり、腹膜炎になったりします。

 

スポンサーリンク

 

【クローン病が原因で腹痛や吐き気をした時の対処法】
クローン病が原因で腹痛や吐き気をした時の対処法は症状の重さによってセルフの対処法にするのか、しっかりと病院で正しい対処法を取るのかが別れる所ですが、腹痛だけでなく吐き気を催すという事は、危険な可能性がありますので、病院で正しい対処法を選ぶようにしてください。

 

基本的に病院では症状によって対処法がことなるのですが、クローン病が原因で腹痛や吐き気をした時の対処法として多いのが、腹痛の症状が重い場合には、薬物療法のサラゾビリン、ベンタサなどの5-アミノサリチル酸製剤であったり、ステロイド薬などを服用したり、吐き気が強い場合にはプリンペランなどの吐き気止めを処方してもらう事になります。

 

クローン病が原因で腹痛や吐き気をした時の対処法は、重症だった場合に洗濯を間違えてしまうと、更に症状を悪化させてしまい、最悪手術で小腸をきらなければいけなくなってしまう可能性もあります。
特に歴が長い方は自分で判断しがちですが、なるべく病院へ足を運ぶようにするのがポイントになります。

スポンサーリンク