クローン病 免疫力 関係

クローン病と免疫力の関係性

スポンサーリンク

謎の多い難病と言われているクローン病は、免疫力の低下や免疫力の異常が関係して起こる病気です。
クローン病で正常な免疫力が得る事が出来なくなってしまう関係性については解明されておりませんが、免疫の異常によって症状が現れる事がわかっております。

 

 

【クローン病の症状】
クローン病では、口腔から肛門に至るまでの消化管の様々な場所で炎症が起こったり、潰瘍ができてしまいます。
その関係で、腹痛や下痢、栄養をきちんと吸収する事が出来な為に体重が減少したりします。
症状が悪化してしまうと大出血してしまうようなケースも確認されております。

 

 

【クローン病の治療と免疫力の関係】
クローン病は、腸内で異常な免疫力の暴走によって炎症してしまたり潰瘍ができるような症状が現れます。
この免疫がなぜ誤作動するのかはわかっていないのですが、治療の方針としましては、この症状に関係している免疫の異常を抑えるような治療が効果的です。

 

ヒュミラなどの免疫異常を抑える薬を服用することによって、腸内の炎症を抑えたり、潰瘍ができている部分をいたわるために、レミケードを食事代わりにすることによって、胃の働きを抑え、痛みを抑制するような治療法が一般的となっております。

 

スポンサーリンク

 

【クローン病の再発予防と免疫力の関係】
クローン病は、再発を繰り返す難病ですので、普段の生活で胃や腸に負担をかけないような生活スタイルを確保する事がとても重要になります。
たとえば、睡眠時間をしっかりと確保したり、栄養バランスの整った食事をするというのはとても重要な再発予防策になります。

 

また、腸を休ませるために、油の多い食事をさけたり、お酒やタバコなど悪影響を与えるものをさけるといった事も重要になってきます。
腸の状態を整える事は、必要な分だけ免疫力を確保する事に関係しておりますので、良い状態をどれだけ確保する事ができるようになる事がとても重要になってくるのです。

 

難病にも指定されており、根本的な原因を治療する事もできませんので、なるべく症状がでないようにするしかありません。
その為、なるべく免疫力が正しく働く事ができるような環境造りがとても重要になってくるのですスポンサーリンク