クローン病 薬 副作用

クローン病の薬の副作用

スポンサーリンク

原因不明の難病として国から指定されているクローン病では、身体の状態であったり、現れている症状に合わせて様々な薬を使用します。
クローン病は症状がかなり強くでてしまいますので、その症状を抑え込むために、他の病気よりも強めの薬を使用します。
その為、どうしても副作用を考えなければいけなくなってしまいます。

 

 

【副作用について】
一般的な鎮痛剤や風邪薬であっても必ず副作用は存在しております。
もっとも重要な事は、規定量を守って服用し、副作用を出さないようにする事です。
用法容量をしっかりと守っていれば、副作用のリスクはかなり軽減されます。
これはクローン病でも同じ事で、しっかりと用法容量を守っておかないと、威力の強い物が多いので、現れる副作用の量も違います。

 

特にクローン病のものに関しては、効果が強い薬が多くなっておりますので、誤った使用方法をしてしまうと、何らかの副作用が出やすくなってしまうのです。
また、症状だけでなく患者さん本人に対して合う、合わないといった問題もあります。
クローン病の薬を服用する前に、自分が服用している物には、どのような副作用が出るのかをしっかりと確認しておく事が重要になります。

 

スポンサーリンク

 

【クローン病とステロイド】
クローン病で最も利用者が多いのがステロイドです。
ステロイドは、根本的な治療にはなりませんが、合成副腎皮質ホルモンの効果によって抗炎症作用や免疫抑制作用などの代謝作用がありますので、腸内の炎症をしっかりと抑える事ができます。
副作用としましては、ムーンフェイスや発疹、長期服用していた場合には、服用を急にストップした場合にはショック状態に陥ったり、症状が悪化するケースがあります。

 

クローン病は、近年の医療進歩によって次々と新薬の認可や開発が進んでおります。
その為、昔とは違い、治療方法をしっかりと選ぶ事ができるようになって聞いております。

 

また、クローン病に対しての理解度も上がってきており、薬に頼らずに免疫システムを正常にするような方法も確立されつつあります。
こういった部分にも注目すると、より効果的な治療を行う事ができるようになります。

スポンサーリンク