クローン病  嘔吐 対処法

クローン病で嘔吐する時の対処法

スポンサーリンク

原因不明の病気のクローン病は、現れる症状の種類であったり、症状の重さに個人差があります。
その為、同じ病気でも何度も入退院を繰り返すという方もいれば、簡単な食事療法だけで大丈夫な方もいます。
また、食事制限からくるストレスから過食症をわずらい嘔吐する方も増えております。

 

 

【クローン病の症状】
クローン病の症状で最も多いのは、やはり胃や腸の痛みになります。
便がでるような感触があり、トイレに行くのですが出る気配がなく、代わりに嘔吐してしまうような症状が一般的です。
痛みもかなり強めにでますので、横になっていても脂汗がでてしまうような痛みの強さのケースが多く、また、気分を悪くしてしまい嘔吐してしまうというケースもあります。

 

スポンサーリンク

 

【クローン病で嘔吐する時の対処法】
クローン病で嘔吐してしまう時の対処法の中でも最も確実なのが病院で担当医に身体を見てもらう事です。
嘔吐という症状は一般的な症状になっておりますので、点滴や薬などの対処法で十分に対処する事ができます。
特に30分おきに嘔吐するような状況の場合には、早目に病院へ行き正しい対処法を取ってもらう事が重要になります。

 

 

【手術が必要になる可能性も】
嘔吐を繰り返してしまうようなケースは、対処法を間違えてしまうと、最悪のケースでは手術が必要になります。
嘔吐する原因の中には、小腸閉塞などによってガスが溜まっていたり、小腸が炎症しているといった可能性があります。
小腸の炎症具合であったり、癒着や腫瘍の大きさや数、狭窄の具合などによっては、保存療法ではどうにもならないと行った子とも考えられますので、小腸の拡張手術などの対処法を選ぶしかなくなってしまいます。

 

いきなり症状が悪化するクローン病は、状況に応じて正しい対処法を取る必要があり、それがとても負担になってきます。
その為、最も正しい対処法としましては、症状がでないように注意して食事や睡眠、ストレスなどを日頃から向き合うという事になります。
クローン病の状態によって対処法は変わってきますので、担当医からの説明をしっかりと受けるようにしてください。

スポンサーリンク