クローン病  ヒュミラ 食事

クローン病はヒュミラと食事療法が効果的

スポンサーリンク

クローン病は、口腔から肛門に至るまでの消化管に炎症や潰瘍が起きてしまう病気です。
その為、食事制限などが必須になっており、お酒やタバコにも規制が入ります。
こちらでは、クローン病の治療法として効果的なヒュミラという薬と食事療法についての情報をご紹介します。

 

 

【クローン病の炎症を鎮めるしくみ】
クローン病の炎症が起こるためには、炎症を引き起こすためのシグナルがあります。
この炎症を引き起こすためのシグナルがTNF-αなのですが、クローン病によって免疫系が過剰に反応してしまうとTNF-αが大量に放出されてしまいます。

 

ヒュミラは抗体で、TNF-αに結合する性質があり、ヒュミラが結合するとTNF-αの機能を無くす働きがあります。
その為、TNF-αがヒュミラに捕まえられて結合した場合には、炎症を引き起こすためのTNF-αがはたらかなくなってしまうので、炎症を抑える事が出来ます。

 

スポンサーリンク

 

【食事療法】
クローン病には食事療法が効果的です。
クローン病の炎症は、腸を休ませる事で劇的に改善します。
その為、エレンタールという成分栄養剤などを使用して、カロリーや栄養素を接種しながらも固形物を胃や腸に入れないことによって、症状を劇的に緩和する事ができます。

 

 

【ヒュミラと食事療法が効果的】
クローン病の治療に効果的なヒュミラと食事療法はそれぞれデメリットがあります。
ヒュミラは強い薬という事もあり副作用が懸念されますし、エレンタールは栄養は摂取する事ができますが、食事が出来ないのでストレスが溜まります。
その為、ヒュミラと食事療法を症状によって組合す事によって、副作用やストレスを最低限に抑える事ができるようになっているのです。

 

クローン病の食事制限はとても辛い物です。
これまで普通に食べれていた物が急に食べれなくなってしまう事は、かなり大きなストレスになってしまいます。
そのため、ヒュミラを上手に使いながら症状を改善させていくのがおすすめになります。

スポンサーリンク