クローン病 お腹 ゴロゴロ 原因

クローン病でお腹がゴロゴロと鳴ってしまう原因とは

スポンサーリンク

静かな映画館であったりエレベーターや会議室などの密室の時にクローン病が原因でお腹がゴロゴロと鳴ってしまうのは本当に恥ずかしいと思います。
クローン病についての知識を持っている相手でしたら問題ありませんが、それほどメジャーな病気でもありませんので、大抵は恥ずかしい、かわいそうと思われてしまいます。

 

 

【クローン病が原因でお腹がゴロゴロと鳴ってしまう原因とは】
クローン病が原因でお腹がゴロゴロと鳴ってしまう原因で最も多いのが、小腸の狭窄部の状態が酷くなっており、食べ物を食べたときに、その狭窄部を通過する時にお腹がゴロゴロと鳴ってしまうのです。
みなさんが想像している以上に音が大きい上に、ゴロゴロと鳴っている時間も長いのでとても大変です。
とにかく所構わずに鳴るくせに、直ぐにゴロゴロと鳴る音を止める事ができませんので本当に大変です。

 

 

【お腹がゴロゴロと鳴るのは警告音】
クローン病が原因でお腹がゴロゴロと鳴る直接的な理由は、狭窄部を食べ物が通過するからなのですが、クローン病の症状が重い方の場合には、相当な痛みを伴います。
体験したことがある方出ないとわからないと思いますが、まるでお腹の内側から爪を立てられているようなどうしようもない痛みで、あまりの痛さに失神してしまう方がいる程です。

 

スポンサーリンク

 

【お腹のなりを改善させる方法】
クローン病でお腹がゴロゴロしてしまう原因が分かっておりますので、その症状を改善すれば悩みは解決します。
腸に狭窄があって日常生活に差し支える時には、バルーン拡張術で治療をして腸をひろげるか、手術して治すという二種類の選択肢が残されています。
バルーン拡張術は、クローン病や潰瘍性大腸炎などで狭くなってしまった腸などをバルーンにより拡張し、腸の内容物を通りやすくする手術です。

 

クローン病は再燃、再発することが多いため、症状が重い方は何度もバルーン拡張術を行わなければなりません。
その為、小範囲の腸管切除をする手術法や腸管を切除せずに狭いところを広げる狭窄形成術を選択するケースも増えております。

スポンサーリンク